​お手続きの流れ

※法律事務の依頼などをお受けする際の「本人特定事項の確認」について

 日本弁護士連合会の規定により、当事務所では受任時に「依頼者の本人特定事項の確認」を行わせていただきます。当事務所へご相談の際は、念のため、運転免許証パスポートなど写真つきの本人確認書類をご持参ください。
 法人のご相談については、登記事項証明書(商業登記簿謄本)をご持参ください。
 
※印刷が可能な方は、PDF相談票を印刷の上、ご記入いただき相談日当日に御持参いただけるとスムーズです。


法律相談の流れ

1.申し込み    
(予約制ですので、まずはお電話で御予約ください。初回相談無料です。)

2.相談日時の確認 
(相談者の御希望と弁護士のスケジュールから相談日時を決定します。)

3.相談日当日   
(印刷が可能な方は、右記PDF相談票を印刷・ご記入の上、予約日時に当事務所へお越し下さい。また、相談票の他に時系列や相談概要をまとめたメモがあるとスムーズです。)

4.ご提案     
(弁護士がお話を伺い、今後の見通しやリスク・解決方法等を説明します。提案を受けても依頼するかどうか迷われる場合は、相談のみで結構です。この時にご質問があれば事件解決にかかる弁護士費用等も説明します。基本的には、委任契約書サインをいただいてから、事件着手になりますのでご注意ください。


ご依頼から事件解決までの流れ

1.ご依頼      
(業務を依頼される場合は、委任契約を締結します。印鑑を御持参下さい。)

2.事件の着手    
(事件によっては着手金が発生しますので、相談時にご確認ください。)

3.事件の解決・ご報告
(電話・メール・書面等にて経過をご報告します。事件が和解・示談・調停成立・判決などにより解決した場合、成果に応じた報酬金をお支払いいただき、実費を清算し終了となります。)